現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 69.87 USD 0.643 2020年06月04日 22:35 PM  更新

【連載第147回】新型コロナウイルスの影響で、NZも買い占めが発生

2020年3月14日

連載コラム 一色 良子

nzに住みたい オークランド ニュージーランド 経済 開発

ニュージーランドは各地で開発が進み、次々と新興住宅地が誕生しています。オークランドから南へ約40キロに位置するドウルーリーは、ニュータウン建設計画の進む、これからの発展が期待できる地域です。本記事は、オークランド在住で不動産会社を経営する著者が、現地でしか掴めない不動産事情をレポートします。


 

次の週には在庫は復活して、これまで通りの姿に

2月の後半のある日、いつものスーパーマーケットへ買い物に出かけたときのこと。トイレットペーパーやティッシュの陳列棚がすべて空っぽになっていてびっくり! それだけではありません。いつもなら大量に置いてあるはずの、いろいろな種類の洗剤、ミネラルウォーター、小麦粉、そしてトマト煮の缶詰やパスタ類までもが、忽然と姿を消していたのです。

 

新型コロナウイルスの影響で、NZでも買い占めが…

 

ニュージーランドにおける新型コロナウイルスの最初の感染者は、イランからオークランドに戻って来た 永住者でした。感染が報道された途端、スーパーへ上記の商品を買いに行く人が激増。オイルショック時の日本を彷彿とさせました。

 

ところが次の週。再びスーパーマーケットへ出向くと、先週とは打って変わってトイレットペーパーもキッチンタオルも在庫が復活。これまでどおり綺麗に陳列されていたのでした。

 

翌週には在庫が復活!

オークランド南部「ドウルーリー」にニュータウン登場

オークランド市内中心から南へ約40キロに位置するDrury(ドウルーリー)の街に、ニュータウン建設計画があります。

 

すでに商業用の倉庫やオフィス街が整い、住宅の建設も進んでいます。

 

ニュータウン建設計画が進むドゥルーリーの街

 

すでに商業施設が整い、集合住宅建設計画も

 

北のアルバニー地区の開発も目白押しですが、南に位置するプケコへの街と同様、農作物・酪農が盛んな土地柄のドウルーリーも商業用設備が整い、アパートなど集合住宅建設計画も持ち上がり、ますます拡大しています。ドウルーリーは、以前の記事『ニュージーランド地方都市の発展を後押しする「道路開発計画」』で紹介した街・ポケノより、車で10分程度オークランド市内の近くにあります。

 

ポケノから市内中心まで通勤するお父さんたちもいます。朝6時に家を出て勤め先へと向かうのです。そのポケノから一歩、市内中心に近いドウルーリーは、マヌカウ地区への通勤にも便利です。そのため、居住者は必ずしも市内中心で勤務しているとは限りません。マヌカウ地区やパパクラ、ひいては空港勤務の人々も通勤できる距離となっています。また、畑・牧草地区の開発が進み、多くの建物の建設が始まっています。

 

オークランド市内中心部の土地価格高騰や人口の密集化を受け、郊外の開発計画が進んでいます。オークランドはますます住宅地域が分散し、牧草地にも宅地を造成しているのです。

 

ワイカト地方へ行く道のりには、まだまだ土地があります。移民を増やし、国の繁栄を願う願うニュージーランドが、これからさらに成長していく姿が見えるようです。

 

2020年2月販売価格実績

1月より1.1%ダウンの2月の国内平均販売額は、702万ドルという数字になっています。
オークランド地区平均も、約958万ドルで対先月0.5%上昇。

 

今回、ワイカト地方が、1.2%下降、平均633万ドル。

 

[図表]2020年2月のニュージーランド不動産価格

 

新年早々、若干のアップダウンがあったようですが、実際のマーケットは活発です。3月以降、新型コロナウィルスの影響でこの勢いがどう変化していくか、見ていきたいと思います。

Author Profile

一色 良子
一色 良子Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長
1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。
1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。
現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表として活躍中。
連載コラム 記事一覧 >

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide