現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 77.19 USD 0.681 2018年12月15日 14:23 PM  更新

ニュージーランドの全国平均賃料は、4月に475NZDの新記録を記録しました。これは昨年同時期より5.6%増加したものです。

最新のTrade Meの物件レンタル指数によると、オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ以外の賃料は初めて400 NZDと、前年比で3.9%上昇しました。

Trade Meの不動産責任者Nigel Jeffries氏は、秋と冬の間、これまでの流れで見れば賃料が下がりがちであるという季節的な傾向を打ち消したと語りました。全国的な規模でのこのような跳躍は、多くの地域での強い需要が原因ですとJeffries氏は述べています。

Taranakiの賃貸物件の平均問い合わせ件数は、昨年4月から122%上昇し、Southlandは164%のという驚異的な増加を記録しました。

また、Taranakiの賃料も週2〜3%上昇し、Southland州では週平均賃料が前年比10.2%増の270NZDに上昇しました。

残りの地域では、Hawke’s Bayの賃料が14.3%上昇して週400NZD、Bay of Plentyは4.4%増えて470NZDとなりました。この数字は、ウェリントンよりわずか10NZD低いだけです。

昨年から増加しなかった唯一の地域はManawatu / Whanganuiで、前年と比べても横ばいで変わりはありませんでした。

オークランドの週平均賃料はというと、550NZDで3.8%上昇しました。

賃料は3月に10NZD上昇しましたが、夏のピーク時に比べれば需要は減少していますとJeffries氏は語りました。

4月に最も人気のあった物件は、Grey Lynnにあり、2ベッドルームの家で、最初の2日間で80件以上の問い合わせを受けました。

ニュージーランド全体で賃料が高いままである一方で、オークランドの供給が需要をより良く受け入れているとJeffries氏は語ります。

 

図1

 

nz-0524-01

 

オークランドの需給方程式は、新しい賃貸物件を探し求めるKIWIにとってより良くなっていると述べました。

スーパーシティーオークランドの賃貸不動産の数は、昨年4月に19%増え、オークランドシティーの賃貸物件として出回っている不動産数は35%増となりました。賃料は、昨年に比べて、4月には20NZD上がっています。

オークランドの賃貸マンションは先月499NZDの最高値を記録し、0.8%上昇しました。対して郊外の住宅の平均家賃は4月に440NZDと前年比4.8%上昇となっています。

この上昇は、Bay of Plenty、Hawke’s Bay、Southland、Waikatoの家屋の記録的な賃料に起因しています。

 

図2

nz-0524-02

 

Bay of Plentyの週平均賃料は、4月に480NZD、Hawke’s Bayで430NZD、Waikatoで425NZD、Southlandで290NZDとなりました。

 

クライストチャーチの賃料は2013年以来変わらず、ウェリントンの賃料は1月の最高$ 500を記録してから引き続き緩やかなグラフとなりました。

 

 

 

 

★メルマガ配信しています★
最新の物件情報やニュージーランドのニュース、
更新情報などオトクな情報を沢山配信します。(2週間に1通程度配信予定)
ぜひご登録お願いいたします!!

▼バナーをクリックして下さい▼

Print

最近の記事

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide