現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 70.17 USD 0.661 2020年08月11日 16:25 PM  更新

家を売ってビットコインに変えた強者 西オークランドの一室で生まれた巨大な仮想通貨鉱山

2017年12月27日

NZニュース

アルトコイン オークランド ニュージーランドの首都 ビットコイン マイニング 仮想通貨 投資 暗号通貨 資産 資金 鉱山

 

ハミルトンの家が仮想通貨鉱山になるまで

 

オークランドの男性が家を売り、すべての収入を仮想通貨にし、それを自分の財産にしました。

 

30歳のITプロフェッショナルの男性は、西オークランドのある場所に「仮想通貨鉱山」を作りました。非常に強力なコンピュータハードウェアで満たされた小さな部屋で、数百万回もの取引をわずか1秒の間に行っています。

 

彼が新しく始めた、まだあまり注目されていなかったベンチャービジネスに対し、友人は彼のリターンを上げるためにより多くの機器を購入するよう提案しました。

 

「もし5,000NZDを投資すればどうなるのだろう?10,000NZDを投資すればどうなるだろう?家を売って、それを投資したらどうなるだろう?

 

これは文字通り私がやったことです。ハミルトンの家を売却しました。そして今日の僕があります。」

 

彼は30万NZDの売却額のうち6万NZDを高価なバーチャル通貨鉱山に必要な高性能のコンピュータ機器の購入に当て、400時間以上かけてそれを設定し、研究しました。

 

彼の高価な機器がクラッシュしないように35℃の熱への対策には絶え間なくファンを回し、月額1,500NZDの電力代を除いて、このマイニングは自分のスマートフォンでフリックするので、仮想通貨の価値が上昇するのを見る以外に指を持ち上げる必要はありません。

 

そしてこれまでのところ、大部分は驚異的な速度で上昇しています。彼はわずか3ヶ月で3万 NZDの結婚式と新婚旅行、そしてフィジーへの旅行の資金をゲットしました。

 

 

今日の1NZDは明日の100NZD?仮想通貨鉱夫の仕事

 

仮想通貨鉱夫であることは、実際にビットコインやその何百倍もの購入を伴うものではありません。彼らは本質的に通貨が本物で利用可能であることを保証するために、デジ タル取引のコストのわずかをもらう監査人です。

 

「私は、人々が暗号侵害性を持っていることを検証し、検証することで報酬を得ています。しかし彼らが他の誰かに送るとしても、彼らは不正にしようとしているわけではありません」と彼は語ります。

 

とてつもない電力代があったにもかかわらず、彼は自分の家の売却から得たお金をすでに回収していたといいます。

 

パソコンがあれば誰でも少額であればマイニングをすることができます。

 

通常のコンピュータでは、これらのバーチャル通貨のマイニング作業をすれば、1日に2NZD、3NZD、5NZDを手に入れることができます。

昨日採掘したものは明日の10 NZDに値するか、100 NZDの価値があるかもしれません。

 

オークランド在住者は実際に直接ビットコインを扱っていません。彼の焦点はDigiByteやZcashのようなあまり知られていない他の仮想通貨です。彼はそのマイナー仮想通貨をビットコインにかえ、それを現金化するつもりです。

 

多くのコメンテーターが予想しているように、彼はビットコインバブルが破裂した場合に、マイナーバーチャル通貨の価値が飛躍することを望んでいます。

 

しかし、ビットコインはお金としての価値を他のすべての仮想通貨より意識することができます。

 

「10万NZDを払って定期預金に入れれば、 5年後5%、10年後には何が戻ってくるだろうか?しかし、私はそれ以上を一晩で行います。

 

私は目覚めて、価格の変動のために一晩で2,000NZDを失ったこともあります。

 

しかし良い朝は悪い朝より重要です。急いでいない限り、6ヶ月または12ヶ月間の長期戦で挑むことは悪いことではありません。」

 

彼はまだ不透明な領域であり、仮想通貨が墜落して燃え尽きる可能性があるという幻想のもとにいませんでした。 一方で、彼は太平洋島でカクテルを飲み、楽しく暮らす早期退職の夢をみていました。

 

だから彼は家を賭けたのです。

 

 

 

先日もお伝えした通り、ニュージーランドにも仮想通貨の波がやって来ています。

記事:オークランドにビットコインATMが設置される!?紙幣から仮想通貨の時代へ

とはいえ、実際に資金作りの為に、家を賭けた人がいるとは驚きです。

彼には仮想通貨が貨幣であり、投資物として非常に優秀だと思ったからこそ、すべてを賭けてもいいと思えたのでしょう。

 

 

最近の記事

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide