現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 70.94 USD 0.661 2019年06月24日 21:34 PM  更新

10,000NZD以上の家賃返金も?不動産投資家連盟からの家主に向けられた見逃せない警告

2017年12月11日

NZニュース

ダニーデン 海外不動産 賃貸

ニュージーランド全国に存在する60万戸以上の住居を所有するすべての家主に、不動産をチェックする警告が発行されました。

 

不動産投資家連盟は、ダニーデンの不動産で家賃を返済するテナント裁判所の判決を、地方裁判所が覆した後、投資家に助言を出しました。

Andrew King氏(連盟執行役員)は、新しい住宅大臣のPhil Twyford氏と会い、法案問題について話し合い、居住法の改正を希望すると発表しました。

連邦準備制度理事会は、審議会の承認を得ていない賃貸物件、技術的に違法とみなされる賃貸物件について懸念しています。

ダニーデンでは、判決が覆され、家主がテナントに10,000NZD以上の家賃を返さなければならなくなった事件もありました。

 

連邦裁判所の警告

 

連邦裁判所は、ダニーデンの事件についての懸念から、家主に次のように警告しています。

 

1.地方議会を訪れて、賃貸物件の同意を確認してください。
不動産自体は同意されていても、家主が不動産を購入する前に同意なしの工事がされた可能性があるためです。

 

2.承諾のない工事が発見された場合、家主は現行の建築法の要件を満たしているかどうかを確認する必要があります。もしそうであれば、家主は受け入れ証明書を申請しなければなりません。

 

3.不動産が要件を満たしていない場合は、その不動産を遵守することができるかどうか、また費用はどれくらいかかるのか、不動産のコンサルタントを雇用する必要があります。

 

4.不動産を遵守させることが可能な場合は、工事を行い、規定の準拠を証明することができます。

 

5.不動産を工事などすることができない場合は、連邦準備制度理事会は、テナントがテナント裁判所への申請を行う可能性があり、賃貸料を裁判所の限度額50,000NZDまで支払わなければならないリスクがある、と連邦裁判所は述べています。

 

 

Twyford氏は、特定の裁判所の判決についてコメントするのは適切ではないが、同部門の法改正を誓ったと発表しました。

「来年、労働党政府はニュージーランド人の半数が現在賃貸住宅に住んでいるという事実を反映するために借家法を更新し、改善する」と述べました。

「私たちは家主と仕事を勿論したいと思っていますし、 テナントや不動産業界の人たちがバランスをとるようにして、賃貸業を営むことは家族にとっても健全で安定した選択肢と言えます。」

「法律改正の過程で、家主、テナント、その他の当事者は、この法律の変更や他の不動産に関する法律の変更を主張する機会を得ることになります。」

 

不本意な賃貸物件の問題は、不動産に住んでいる間に賃貸人が支払った10,940NZDを返済するよう裁定された事件は、ダニーデンの事件の後に発生しました。 しかし地裁はこれを覆しました。

King氏は歓迎された判決にもかかわらず、彼はその問題について懸念しており、連邦はその行為の修正を求めようとしました。

「地裁判決は素晴らしく、我々が思っていたよりも優れているが、政府がどのように状況を処理したいかを確認するためには法的な変更が残っている」と述べました。

 

今年9月にニュージーランドでは、ニュージーランドに約617,000件の賃貸物件があるとの統計データがでました。

コンサルタントRCGの不動産スペシャリストであるJohn Polkinghorne氏は、全国住宅ストックは1兆NZD以上の価値があると述べました。 約3分の1が賃貸されており、賃貸住宅は約300億NZDと評価されているということです。

 

 

最近の記事

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide