現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 79.011 USD 0.701 2017年12月18日 14:14 PM  更新

海・山・牧草地…NZらしい風景が一望できる中古物件の事例【連載第113回】

2017年11月10日

連載コラム 一色 良子

キャピタルゲイン ニュージーランド 中古物件 海外不動産 減価償却 移住 節税

不動産投資といえば、人が多く住む場所に投資を考える方も多いですが、ここニュージーランドでは、田舎の魅力を活かした不動産投資の手法も大いに有効となります。今回は、ニュージーランドおすすめの「田舎の中古物件」を紹介します。


 

広い家だけでなく、開発可能な土地も備えた物件

 

クリスマスを前にして、ニュージーランド不動産販売は繁忙期を迎えています。住民は新しい家を求め、広告をくまなく検索し、週末は家の内覧会へと足を運びます。さて今回は、著者が最近内覧した物件の中から「これぞニュージーランドの家だ」という物件を2軒、ご紹介したいと思います。

オークランド市内中心地より、北へ高速道路を利用して約25分走った街、レッドビーチのビーチフロントに建つ家をご紹介します。土地の広さは895㎡。現在建っている家は築約60年となっており、4ベットルーム、2バスルームを備えています。

 

img_5b55ba4fb2461dc5d2ba26c27d83826b801488

 

この写真を見て気付いた方もいるかもしれませんが、右隣では、新築物件を建設中です。ご近所の家を見ると、同じような広さの敷地に、複数の家が建っています。そう、ご紹介した物件は「開発ができる物件候補」でもあるのです。

我々不動産売買コンサルタントとしては、2軒建つ家だと断言はできませんが、近隣の様子から2軒、サイズによっては3軒建築できるようなので、開発できる物件としての価値は高いです。ビーチフロントで2階建てを建てれば海の景色もバッチリ見えるので、ロケーションは抜群です。

さて気になるお値段ですが、オークション売りですので、現時点では販売価格がわかりません。ただ希望予測価格としては、250万NZドル~300万NZドル(約2億~2億4千万円)の規模となるでしょう。

市役所への土地分割申請料や建物建設デザイン費、建築コストに加え、諸々の経費を計算して開発を行います。1戸は自宅用、もう1戸は売却し自宅を手に入れる方もいれば、徹底的に開発をし、富を築き上げていく方もいます。

 

近隣にワイナリーやレストラン・バーが点在する地区

 

次は、オークランドの西、車で約30分の距離にある物件を紹介しましょう。高速道路が開通したことで、空港からも約50分の距離となりアクセスも抜群。クメウ地区に建つ豪華な住宅となっています。近隣には、複数のワイナリー及びレストラン・バーも点在し、ワイン好きな方にはもってこいのロケーション。

 

img_fe948862a7228a9a22e69f411a151ed0902522

 

img_41e392c7468a5d93d7244b96cdd311df874618

 

土地は1ヘクタール。本体の家には、5ベットルーム、2バスルームが備えられています。ゲスト用のトイレが完備されており、シアタールームや広いリビングもあります。さらに庭にはバーベキュー設備が整えられています。緑の芝生が広がる土地に、時折羊の群れが見える……これぞニュージーランドの風景だと実感できる物件です。

 

img_0da906cd65643bc2338ca58669fb9711349934

 

img_93abfa3b4e84c23d6f2aa6599e98993d609917

 

敷地内には、1LDK、1バスルームの家が建っており、ホームインカムとして運営できます。

また、ワイナリーや大型ショッピングセンターが、なんと車で10分内の距離に複数点在しています。空港や市内中心地までの距離が近いので、観光を兼ねてのホームステイや、ご自身のホリデーホームとしての運営ができる物件となっています。上の写真を見ると、牧草地に囲まれた田舎の辺鄙な場所という印象があるかもしれませんが、車で数分走れば商店街もあります。

1LDKの家に管理人を雇用して本体の家を管理してもらい、ゲストの観光案内、及び暮らしのサポートをする人材を追加で雇うなど、ビジネス展開も視野に入れられる物件です。

ニュージーランドを象徴する光景といえば、海・山・牧草地が広がる景色。街中の賃貸投資物件だけではなく、新規開発・ビジネススキルを視野に田舎の物件へ投資する手法も、大いにアリだと言えるでしょう。

 

 

Author Profile

一色 良子
一色 良子Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長
1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。
1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。
現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表として活躍中。
連載コラム 記事一覧 >

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide