現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 79.013 USD 0.701 2017年12月18日 14:06 PM  更新

建築できないなら他の方法で!8万戸の住宅を作り出すWellington

2017年10月3日

NZニュース

ウェリントン 政府 海外不動産 移住 移民

Wellingtonの予測では、2043年までに住民が80,000人以上となることが予想されることから、Wellingtonは数十年の間に見られる都市の住宅政策において最大級の改革を約束させられています。

議会の予測によれば、最大8万人の移民が2043年までにウェリントンに住居が必要になると思われます。予想される人口増加を達成するためには、約4万余りの住居が必要になります。

 

住宅特別委員会の委員長は、新しい土地の開発、手頃な価格の住宅開発の誘因、建物の高さ制限の緩和、同意の簡素化、賃貸基準の引き上げなど、政府およびコミュニティ住宅セクターとのパートナーシップを含む変更リストを作成しました。

市議会議員は、満員のパブリックギャラリーの前で、変更を支持して全会一致で投票しました。

 

Justin Lester市長は、この変更は容易ではないと言いましたが、ウェリントンには住宅が必要です。

ウェリントンは大幅に成長しており、新しい住宅がその成長具合に合わせて提供されているかを確認する必要があります。

そのために、私たちは、建設業界、非政府組織、学界、社会住宅の専門家と数年間、ウェリントンの住宅に取り組む包括的な計画について協力してきました。

これには3つの主要な要素があります。

まず、議会からより大きなリーダーシップです。

傍観して市場を眺めるわけにはいかないのです。

そして私たちは新しい住宅を直接建設し、より良い基準を設定し、格付け、調達、開発政策の変化を見て、より多くの開発に動機付けなどを行っていきます。

最後に、非政府組織、コミュニティ住宅提供者、開発者、特に社会住宅の増加に密接に協力したいと考えています。

計画は今、長期計画の10年予算を草案に含める必要があるのです。

 

ウェリントン市議会の住宅変更は以下のように承認されました

•開発のために評議会の土地を解放する
•中心街の建物を手頃な価格のマンションに改装する
•住宅建設を促進するための審議会の調達方針を見直す
•ワンストップショップアプローチを導入して同意を簡素化する
•事前承認されたデザインを開発して同意を早める
•社会住宅の数を増やすために中央政府と新たなパートナーシップを構築する
•住宅の密度を高め、高さの上限を上げるために地区計画の変更を通知する
•ホームレスのための支援施設
•長期滞在のために、より多くのテナントサポートを作成する
•新しい社会的で手頃な住宅への直接投資
•ウェリントン地域経済開発庁と連携して、需要に応える熟練労働者の数を増やす
•新しい家のための緑地の開発パイプラインを作成する
•賃貸物件のウェリントン特有の住宅基準を開発する
•住宅所有者が新しい補助金によって住宅を標準に引き上げることを支援する。

 

今後、ウェリントンの住宅事情がどう成長していくのか、目が離せません。

 

 

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide