現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 78.99 USD 0.696 2017年10月22日 08:02 AM  更新

4年で人口が5,000人から73,400人に!!ロトルアの住宅事情

2017年9月25日

NZニュース

ロトルア 投資 海外不動産 移住

今後4年間でロトルアに900棟の新しい家を建てるという目標は、「野心的だが達成可能」とされています。

 

ロトルアへの住宅供給の増強の内容

 

建設大臣Nick Smith氏とロトルア市長のSteve Chadwick氏は、ロトルアの住宅供給を増強することを目的とした住宅協定に調印しました。

この署名にはLynmoreの土地を40分割されるものなども含まれています。

 

ロトルアの地方経済は順調に進んでおり、人口は急激に増加していますが、これは住宅価格と空室率に圧力をかけています。

過去4年間で、地区の人口は5,000人から73,400人に増加し、ロトルアは現在中成長地区とされ、住宅不足が進んでいます。

 

この住宅合意は、ロトルア湖評議会と政府が協力して、より多くの土地を解放し、供給を増やし、住宅需要者のための支援を調整するためのものです。

 

Smith大臣は、「今後4年間に900軒の住宅と1,050セクションを対象に合意しており、毎年平均225戸の住宅が供給されるだろう」と述べています。

過去4年間に平均94軒の住居が毎年供給されたため、目標は野心的ですが達成可能と言えるでしょう。

 

住宅需要への迅速な対応とその影響

 

Smith大臣はこの交渉が迅速に進んだことを賞賛しています。

現在、これら900戸の住宅を供給するために、特別住宅地域を特定し、この勢いを維持する必要があります。

 

住宅合意は、クイーンズタウン、オークランド、ネルソン、タウランガで供給が増加していることを証明しています。

Housing Accordsが締結されて以来、これらの分野でそれぞれ93%、78%、55%、86%の増加が見られました。

 

McClay氏は、6月にこの協定の可能性を最初に提起しました。

同氏は、住宅協定の調印により、平均住宅数が倍増することが明らかにしました。

住宅数が倍以上に増えたことで、より多くの住宅がより早く建設される結果となり、また、地元の貿易や建設部門にとっても大きな助けとなっています。

 

Chadwick氏は、地区にて住宅需要への対応は可能だと述べています。
「我々は成長を歓迎するが、道路やその他のインフラ、環境、住宅に圧力をかけることには多くの課題があります。この合意は、こうした課題に取り組むための仕組みを提供することにもなるのです。」と彼女は語っています。

 

今では、協議会が、建築の計画を進めるために、家主や開発者と協力して作業を進めることができるでしょう。

 

McDowell Real EstateのプリンシパルでもあるSteve Lovegrove氏は、これは完璧なタイミングだと語っています。

「市場に新しい家が必要です」と彼は語ります。

商業的にも小売りでも、より発展していくことは確かです。

 

Lovegrove氏は、市場は停滞しており、新しい住宅ストックがなければ成長する能力はないと述べています。

 

しかし、4年で人口5,000人から73,400人の増加はすごいですね。年間17,100人の計算です。
ここまでの成長する土地が先進国の中にあったことがそもそもの驚きです。

 

4年前は5,000人しかいなかったなんて想像できないですね。
ロトルアは観光地としても人気な土地です。こうみると移住地としてもだいぶ人気ですね。

 

ニュージーランドにいらした際は、新しい活気ある街のロトルアにも是非足を運んでみてくださいね。

 

 

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide