現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 79.013 USD 0.701 2017年12月18日 14:05 PM  更新

今年もNZで開催・・・オークランドホームショーの現地レポート【連載第105回】

2017年9月15日

連載コラム 一色 良子

イベント オークランド 海外不動産 移住

ニュージーランドで毎年開催される「オークランドホームショー」。この展示会では、移動式ホームやキャンピングカーなど、住宅に関連する様々な商品が出品されます。今回は、今年開催されたオークランドホームショーの様子と、目玉商品を見ていきましょう。


 

気ままで自由な暮らしを叶える「移動式ホーム」

 

今年もニュージーランドにて「オークランドホームショー」が開催されました。移動式ホームやキャンピングカーなど、家に関する様々なものを展示した見本市です。

 

105-2

 

ニュージーランドの人々は、この見本市に来て、家の新築・改装計画を練ります。
また見ているだけでも楽しいので、趣味の一環として毎年参加する人もいます。他には、建築の専門家の方も訪れます。

さて、今年の目玉商品は何でしょうか?

 

以下は「移動式ホーム」の写真です。
自宅の庭の敷地に簡易的に設置することができるため、急な来客に対応するための別宅として利用されることが多いです。
もちろん、キャンプ施設の一角に一時的に設置して、滞在することも可能です。

 

105-3

 

入り口から右手にキッチン、中央がリビング、左手にシャワールーム、トイレ、ランドリーが備えられています。
さらにその敷居の壁からは階段が出てきて、中二階のベットルームへと上がることができます。木目調で北欧風のデザインで、室内はとても明るいです。

 

105-4

 

さてこちらは、アメリカンタイプのキャピングカー。川沿いや、キャンプ施設のある場所で車を止め、魚釣りをした後、BBQを楽しむという娯楽がニュージーランドでも盛んです。

 

105-5

 

家を処分して、豪華なキャンピングカーや、先ほど紹介した移動式ホームで、住む場所を転々としながら暮らすという、自由な生活設計を楽しむ老夫婦も多いのです。
この記事では紹介しませんが、ヨットでも生活に困らない設備を備えたものがありますので、駐機場を借りて、ヨットで生活している人も多いです。
山が好きか、海が好きかで選択するのでしょう。

 

105-6

 

気になるお値段ですが、キャピングカーは、安いもので5万NZドル(約400万円)はします。
日本のミニバスの中古を買って、自分で改装する人もいます。

移動式の家は安いもので10万NZドルですが、これは最低限の設備しか備えていません。
居心地がよく、少し豪華だなというものは、15万NZドル~22万NZドルという相場です。

 

市内の1LDKのアパートメントの値段と同等で、維持費もあまり変わらないため、アドベンチャーな暮らしを求める人達は、こちらを選択するのも十分アリでしょう。

 

家の敷地が広いNZでは「プール型スパ」も安く設置可能

 

以下の写真は、ここ数年販売されているプール型スパです。

家にバスタブがなく、シャワーしかないという家庭も多いため、庭に4名程度入れる標準的なスパを設置し、冬に身体を温める家族もあるようです。

 

そんな中、娯楽と健康を兼ねて、プール型のスパも登場しました。気になるお値段ですが、約4万NZドル(約320万円)で購入できます。
「え? 意外と安い」と思う人もいることでしょう。

 

105-7

 

日本では、スパプールを設置する土地の確保がなかなか出来ませんが、ここニュージーランドでは100坪以上の広い家が多いため、簡単にスペースは確保できるのです。
4人用の平均的なスパは約6,000NZドル(約48万円)で購入できるため、普及がだいぶ進んできました。

 

自宅の庭にデッキを作り、アウトドア家具を設置、屋根や電灯も付けた「もう一つのリビングエリア」を作ることが、ニュージーランド人の間で現在盛んです。
特に夏は涼しく、野外パーティーを行うのに良いスペースなのです。

 

105-8

 

さらに、ここ数年売り出され人気なのが「ピザオーブン」です。
ピザを専用野外オーブンで、スモークサーモン、スモークチキンや香味野菜を入れて焼きます。

BBQのメニューにもう一品野外の料理メニューを増やせるため、パーティーでも大盛り上がりです。

野外バーの設置と共に、自宅にいながらパブのような設備・雰囲気作りを楽しむ家庭が多くなってきました。

 

105-9

 

ここまでに紹介した様々な設備は、資産家だけの娯楽品というわけではなく、一般人がそれぞれの計画で予算を組み、自分達のライフスタイルを楽しんでいます。

 

ニュージーランド不動産投資をする中で、人々の暮らしの好みは何か? 色合いは? 床はカーペットがいいのかフローリングか? キッチン設備は? どんなハンドルシャワーを使うか? 固定式でいいか? ・・・などなど、どんな家が人々に支持され、借り手がつきやすいのかという観点で、私達業者は会場を見てまわります。

 

物件の改装工事を進める中で、これら旬の情報は非常に役立つのです。

 

 

Author Profile

一色 良子
一色 良子Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長
1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。
1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。
現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表として活躍中。
連載コラム 記事一覧 >

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide