現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 79.02 USD 0.701 2017年12月18日 13:59 PM  更新

起業がさらに簡単に!?ニュージーランドが世界銀行の「ビジネスの容易さ」ランキング上位に

2017年7月19日

NZニュース

仕事 投資 海外不動産 経済

ニュージーランドは依然として世界銀行の「ビジネスの容易さ」ランキングで上位に位置しています。
これは190の経済と都市でビジネスを行うのがどれほど簡単かというランキングです。

またこの指数は、緊急に対外貿易のコストに対処する必要がある国も示しています。
ニュージーランドは所得税率や法人税率の引き下げなど、指数に関連した経済のさまざまな点への改革が功を奏し、業績が好調でした。

ニュージーランドは、コーポレート・ガバナンスのような多くの改革なしで、一貫してうまくいっています。
しかし、政府が輸入と輸出に要する時間とコスト、そして電力コストの上昇に対処しなければ、投資を誘引することは、より困難になるでしょう。

 

指数は、事業を開始することがどれほど難しいか、税金を払って預金を得るまでを、10の指標を用いて表しています。
これらの指標は、各国と都市のランク付けに使用されます。

 

これは、各国の規制を比較するための基準となります。投資意思決定を行う企業だけでなく、より多くの外国企業を誘致し、ローカルの投資を奨励したい政府のものでもあるのです。

 

ニュージーランドの位置づけ

 

最新版のインデックスでは、ニュージーランドは最初の総合ランキングに加えて、いくつかの個別指標の中で第1位にランクされています。
事業の開始、預金の取得、財産の登録、マイノリティーな投資家の保護、建設許可の処理などです。

 

これは、ニュージーランドにおける新規事業の免許と許可の発行・倉庫の承認と建設・新築の品質管理の難易度や、マイノリティーな投資家の利益相反からの保護などの点で優れていることを意味します。
これらの指標では、ニュージーランドは2016年に引き続き同様にランクインしました。

しかしこれに限らず、政府は他のランキングにおいても改善を測っています。
2016年の15位から13位にアップした契約の施行や、22位から11位となった税金の支払いなどがいい例です。

 

基準を見てみると、ニュージーランドのトップへの大きな貢献は、特に税金関係を中心とした改革によるものであることは明らかです。

これは、今年のインデックスには、付加価値税の納付期間、税務調査の完了に要するプロセスと時間、税務上の控訴手続における優れた手腕が含まれます。

 

ニュージーランドの改革はまた、1年当たりの納税額の減少をもたらしました。

政府は、全額返済履歴などの信用調査の「肯定的な情報」を含む他の改革を行い、すべてのものをオンラインで登録することで、融資を容易にし、1日以内に事業を開始できるようにしました。

 

開かれた市場

 

ニュージーランドは高いランキングに誇りを持っていなければなりませんが、私たちは、ランキングの低い他の国の根本的な問題を掘り下げて考えなければなりません。

 

税金などの改革によって、ニュージーランドがここ1〜2年で全体として1位を維持する可能性が高いことは示唆されています。

ニュージーランドは高所得国のOECD平均よりも低い税率を保有していますが、ニュージーランドで法人税を提出するのは他の国に比べて平均よりも時間がかかるのです。

 

しかし、さらに重要なのは、海外送金の際に、なぜ指数を下回っているのかを評価する必要があるということです。
ニュージーランドでは比較的シンプルで迅速な海外送金が可能ですが、OECDの高所得国では平均以上の費用がかかります。

 

また、OECD高所得国の平均と比べ、ニュージーランドは輸入は3倍、輸出は2倍以上の額を記録しています。

これは税関やその他のお役所仕事の遵守に要する時間を考慮していないが、これはOECDの高所得国平均よりはるかに高い数字となりました。

 

このデータは、世界経済フォーラムの最近のグローバル競争力指数によって裏付けられています。 ニュージーランドもこの指数で13位にランクされていますが、貿易が依然として課題とされていることは明らかです。

 

輸出入に必要な費用、時間、手続きを減らすことで、ニュージーランドの貿易と投資の機会が増えます。 これは、市場が小さく、地理的に離れている国にとって不可欠なのです。

 

弊社のお客様がよくニュージーランドの銀行で驚くことは、銀行のコールセンターに電話すると、オペレターに繋がるまでが、全て音声認証なことです。
ニュージーランドは電子送金およびインターネットバンキングがとても進んでいる国なので、国際送金もネットでその日のうちに着金することが殆どなのです。

 

金融が栄える国の理由はそういった、金融システムの発達が関係しているといえるでしょう。

 

弊社はニュージーランド不動産ツアーも開催しておりますが、不動産購入ご希望の方には銀行口座開設のサポートも行っております。
最先端の金融に触れてみるいい機会となるかもしれませんね。

 

 

ツアーご希望の方は▶︎▶︎▶︎こちら◀︎◀︎◀︎

 

 

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide