現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 70.09 USD 0.653 2020年07月14日 19:35 PM  更新

ニュージーランドは富裕層の避難場所

2017年1月30日

NZニュース

ビザ 別荘 投資 移住 経済

以前トランプ氏の当選による移民希望者の増加で、ニュージーランドの大使館は大忙しだとお伝えしましたが、
「次期米大統領・トランプが起こしたニュージーランドへの影響」
情勢不安による避難場所の確保を富裕層は着々と進めているようです。

 

アメリカ人にとってのニュージーランド

 

アメリカの生存主義者でニュージーランドに海外不動産を購入している人は、ニュージーランドが、政治的混乱や人種差別に直面している可能性があるアメリカから十分に離れていると考えています。

アメリカ人の感じる恐怖の中には、自然災害、地震、感染、爆弾、米国政府と構造の崩壊、テロ、食糧と水に対する脅威、そして大規模な社会不安などが含まれています。

その点ニュージーランドは、裕福なアメリカ人、特にヘッジファンドのマネージャーにとって、ますます魅力的なものに映っているのです。

ニュージーランドは人々が世界の安全に異議を唱える場所として報告されているのです。

 

“孤島“が魅力、億万長者のお気に入り

 

シリコンバレーの億万長者の50%以上が、大惨事が起きた時の保険として、米国内外の隠れ家を取得しています。

香港に拠点を置く金融機関のマイケル・ノックは、2008年の世界的な金融危機の後に脱出する場を求めていたとき、彼は、富裕層の伝統的な避難所を越えて、世界の端にある土地、人間の数より牛の数が倍もいるニュージーランドに目を向けました。
ヘッジファンド会社Doric Capitalの創業者であるノックは、ニュージーランドの美しいクイーンズタウンから9,335km離れた場所に不動産を購入しました。

7年後の2015年、ヨーロッパのテロ脅威と英国から米国への政治的な不確実性は、ニューヨークやロンドンから離れた南太平洋の国を富裕層の避難地としたのでした。

 

“孤立した島”という事実は、長くニュージーランドのアキレス腱であると考えられていました。

 

その遠隔性がいまではポジティブな要因となり、ヘッジファンドの先駆者であるジュリアン・ロバートソンとロシアの鉄鋼大国アレクサンダー・アブラモフ、そしてハリウッドの監督ジェームズ・キャメロンもニュージーランドの田舎で数百万ドルの隠れ家を購入しました。

先程述べたノックの不動産は2ヘクタール(20,000㎡)を誇ります。

国土面積ではニュージーランドはイングランドの2倍の規模ですが、人口は10分の1以下となっており、民主主義、腐敗、平和、満足のために国際調査ではトップ10に入るなど高く評価されています。

ニュージーランドの住宅価格は2016年10月まで年間12.7%上昇し、オークランド最大都市の平均価格は2007年以来2倍近く上昇し、100万NZD以上になりました。

アリババ・グループ・ホールディング・リミテッドと中国最大の富豪の創設者であるジャック・マウは、4月にジョン・キー元首相に、ニュージーランドで家を購入したいと語りました。ジャック・マウの40人の同僚の少なくとも20人がニュージーランドで隠居生活を送っています。

 

今や大人気の“安全な”移民先

 

ニュージーランドは、以前は“考えのないイングランド”とまで比喩されていました。

しかし今ではニュージーランドはとても経済的に安定していますし、ブレグジットの波を受け、移民先としてとても魅力的です。ロードオブザリングやホビットなどの映画ではこの世のものとは思えない幻想的な背景で注目を集めました。

数字でもその人気は顕著で、ニュージーランドは、欧州連合(EU)加盟国の国民投票後翌日に移住に関心を持つ英国国民から998人の登録を受けました。 2016年6月23日以降49日間で106,477件の登録件数となり、前年同期の2倍以上に増加しました。

アメリカの人々は、政治など法を含め何か起こった場合、なんとか安全な場所にいたい。その中でもニュージーランドは安全な地域だ。と感じているそうです。
更に、ドナルド・トランプの当選、大量銃撃戦の急増を背景として、過去数ヶ月にわたり米国市民からの問い合わせが増えています。

企業家Kim Dotcomもそれらを恐れたことに加え、孤立し、核を保有していない国だからこそ、ニュージーランドを選び移ったそうです。

アメリカ人だけでなく、ニューヨークとロンドンで投資銀行業務やその他の有望な職業についていた“成功したKIWI”も、地元ニュージーランドに戻り子供を育て、家族と暮らしています。

 

ここから世界へ、経営者・投資家に拓かれたニュージーランドビザ

 

今、世界は小さくなっています。
もし、楽園から多国籍企業を経営することができたら、あなたならどうしますか?
実際にそうしている人だっているのです。

Fidelity National Financial Incの会長であるビル・フォーリーはウェリントン北部のワイララパ地方にラグジュアリーなお屋敷を所有しており、ニューヨークのTiger Management LLCのロバートソン社長は、クイーンズタウンのワカティプ湖を見下ろすことができる豪華なロッジと国内有数のゴルフコースの2つを所有しています。彼は、ニュージーランドは “地球上で最も美しい場所”だと語ります。

億万長者のFacebook Incの後援者Peter Thielは、ニュージーランドを2011年に「ユートピア」と表現し、オークランドとクイーンズタウンで居住用に海外不動産を購入したと報告されています。

 

ニュージーランドは積極的に富裕層の呼びかけを行っています。
1,000万ドルの投資を3年間にわたり現地の資産、またはファンドにする場合、
移住者が直近の2年の間にニュージーランドで44日間過ごすことが出来れば、在留資格を得ることができます。これらの投資家は、資格の期間後、英語を話す必要はなく、一定期間、国で生活する必要もありません。また、税金居住者になる必要もないのです。

このプログラムが6年前に始まってから、121人がInvestor Plusビザを取得しており、800人以上が4年間で150万ドルの投資を必要とする居住パスを確保したという政府データが示されています。

クイーンズタウンの住宅価格は、国際空港に近いことと雪がかかったアルプスに囲まれているという絶好のロケーションのため、オークランド以上の値上がりとなり、平均で974,564ドルに達しました。

 

名だたる富裕層がニュージーランドに不動産を購入している理由は?

 

継続してずっとニュージーランドに住まなくても永住権を剥奪されないことや、あらゆる国からのテロなどの外的要素を受けるのが確率的に最小だということがあげられるでしょう。

これはもっと価格が上がる前に不動産を確保して、避難場所を持っておいた方がよいかもしれません。

 

 

最近の記事

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide