現地不動産屋が教えるニュージーランド移住&投資ガイド
Currency Rate1NZDJPY 69.54 USD 0.64 2019年11月22日 08:19 AM  更新

ニュージーランドの不動産が値上がりしている理由

2015年10月30日

連載コラム 一色 良子

オークランド 海外不動産 移民

今年のニュージーランドの住宅価格は、低金利と供給不足による後押しで上昇傾向となっています。今回は、ニュージーランドの不動産価格の動向とその理由、また、今後の見通しについて解説していきます。

 

不動産市場の活況は地方へも波及

ニュージーランド住宅不動産市場の今年の販売件数は、昨年と比べてやや高止まりしており、低金利と供給不足による後押しによって、未だに根強い需要があります。

 

その投資の多くはオークランドに向けられてはいるものの、ニュージーランド全体に需要があり、ハーコーツ社の過去3か月間の全地域での売上高は昨年度を大きく上回りました。また6月から5月までに7,425件の住宅を売上げ、昨年度の同期間に比べ売り上げを27.5%伸ばしました。

 

主要な都市部以外のほとんどの地方地区で販売件数や販売価格に上昇傾向がみられますが、これは買い手がオークランド市場やカンタベリー市場から離れ、都市部から離れた地域の不動産を買い始めていることを示しています。

 

金利引き下げも住宅購入の重要なけん引材料となっており、移住人口増によっても、地方地区を含めた多くの地域では価格が維持され、上昇しています。

 

また現在では、地方物件を購入するオークランド住民が増えており、ワイカトやベイ・オブ・プレンティを含む中央地域では、2014年の6月に比べ、76.3%もの売り上げ増が記録されました。

9-2

 

オークランドでは、2015年10月1日、準備銀行によるローン資産価値比率(LVR)規制が施行されました。これまでの買い手は、ローン頭金として購入物件価値の20%の頭金が必要でしたが、今後は30%に変更されます。その一方で、地方地区のローン頭金が10%にまで緩和されたことを受け、より多くの潜在投資家たちが地方市場に目を向ける事になることでしょう。

 

しかし、準備銀行の低金利政策と移住人口増がオークランドの活況な不動産市場をさらに後押しし、今後もその勢いは続くと予想され、多くのオークランド住民がオークランドの自宅を売り、地方物件を購入し、初めて自宅を購入する人々もまた、地方へ移り住み始めています。

 

オークランドの不動産人気は低金利と移民増加が後押し

多くの人がこのニュージーランドという優良市場に投資しており、国内の売上高は引き続き7000件/月辺りで推移すると考えられます。新年には多くの留学生がやってくることから、オークランドのアパート市場は史上類を見ない程の需要を迎えます。日々の通勤に疲れた重役たちが職場に近い住居を求めるため、オークランド市内のアパートなどは根強い需要は今後も続きます。

 

9-3

最近、世界株市場の脆弱性が露呈し、中国経済が私たちの経済に及ぼす影響について多くの議論がなされていますが、一方で金利は下がり続け、移民人口は記録的な上昇をみせているため、住宅不足の解消には、相当な時間がかかると見られています。また、オークランドは世界で最も住みやすい都市ランキングでその順位を上げ続けており、政府の介入を除いては大幅な下落要因は見て取れません。
今後、世界経済や株式市場のパフォーマンスが険しい道を歩む状況下になり、他種の投資が不安定になったとしても、逃避先となる不動産に資金が移されることと予想されます。

Author Profile

一色 良子
一色 良子Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長
1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。
1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。
現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表として活躍中。
連載コラム 記事一覧 >

関連記事

Related Post

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide

ニュージーランド ガイド

New Zealand Guide